日本の「ゲイ」とエイズ―コミュニティ・国家・アイデンティティ

電子版価格 ¥4,400
  • 電書あり

日本の「ゲイ」とエイズ―コミュニティ・国家・アイデンティティ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 257p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787233578
  • NDC分類 367.9
  • Cコード C0036

内容説明

「エイズはゲイの病気だ」と男性同性愛者は差別や偏見にさらされ、行政からも除外されていた。彼らは当初、対抗して独自のコミュニティを築き上げていたが、エイズ政策を通して国家行政に取り込まれ、ときに自ら距離を縮めて「ゲイ」の社会的な地位を確立していった。その歴史的な過程を詳細な聞き書きなどから検証して、「ゲイ」の生と性の今後をさぐる。

目次

序章 「ゲイ」と国家の関係を問う
第1章 HIV/AIDS研究と人文・社会科学
第2章 日本におけるHIV/AIDSの言説と男性同性愛者
第3章 エイズ政策と日本人男性同性愛者の主体化
第4章 HIV感染予防をおこなう責任ある主体の生成
第5章 HIV感染リスクをめぐる認知と主体の形成
終章 自己変容の人類学に向けて

著者等紹介

新ヶ江章友[シンガエアキトモ]
1975年、佐賀県生まれ。筑波大学大学院人文社会科学研究科現代文化・公共政策専攻修了。博士(学術)。カリフォルニア大学バークレー校人類学部客員研究員、お茶の水女子大学PD研究員、財団法人エイズ予防財団リサーチ・レジデント、名古屋市立大学看護学部特任講師を経て、現在、名古屋市立大学男女共同参画室プロジェクト推進員。専攻は、ジェンダー/セクシュアリティ研究、医療人類学、カルチュラル・スタディーズ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

カモメ

2
エイズの問題に伴って、ゲイがどのように認識される事となったかという内容。当事者の中でもカミングアウトしない人、する人がいて、また非当事者の研究が非当事者ゆえに批判されていた事が興味深かったです。同性愛者は生き方の問題なので、政治的に利用されるのは難しい。「MSM」という概念も初めて聞きましたが、エイズのリスクのある行為をする全ての人に危険性を認知させるのは難しい。また危険性が認知されていても雰囲気に流される事もある。そんな中でエイズとなっても前向きに生きていく事が紹介されていたのが印象に残りました。2018/03/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6591236

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。