海を渡った柔術と柔道―日本武道のダイナミズム

電子版価格 ¥2,200
  • 電書あり

海を渡った柔術と柔道―日本武道のダイナミズム

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 297p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784787233158
  • NDC分類 789.2
  • Cコード C0036

内容説明

世界規模で普及している柔道と、いまや総合格闘技に欠かせない柔術は、いつ・どのように世界に飛び出し、各国でどう受け容れられていったのか。イギリス・フランス・ドイツでの柔術・柔道の人気、ロシアのサンボや柔道強国グルジア、アメリカに渡ったヤマトナデシコ、ブラジリアン柔術の秘話などを紹介して、日本武道のダイナミズムを描く。

目次

第1章 柔術vs.レスリング―変容する柔術と継承される“Jiu‐Jitsu”
第2章 柔術家シャーロック・ホームズ、柔道家セオドア・ルーズベルト―英米における柔術/柔道ブームの位相と身体文化
第3章 パリの巴投げ―フランス式柔道への道
第4章 ドイツの柔術・柔道
第5章 ロシアのサンボ―「柔術の理論」
第6章 柔術、南米にいたる!―ある柔術家の生涯をたどって
第7章 還流するJiu‐Jitsu―「移民」とブラジリアン柔術

著者等紹介

坂上康博[サカウエヤスヒロ]
1959年、大阪府生まれ。一橋大学社会学研究科教授。専攻はスポーツ史、スポーツ社会学、社会史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。