最新判例からみる商標法の実務

個数:

最新判例からみる商標法の実務

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年10月21日 16時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 394p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784417014133
  • NDC分類 507.26
  • Cコード C3032

内容説明

最近の商標事件判例の骨格や基礎をその傾向として解説。最近8年間の商標判例を7つのテーマで体系・分類化し、総論と各論に分けて詳細に分析。実務家の職業的背景に基づく発言から商標実務の諸相が浮彫りに。

目次

最近の商標事件判例の傾向
商標実務ゼミナール(商標と識別性;商品と役務;商標の類似;公序良俗と不正の目的;商標権侵害と損害賠償;権利の濫用;並行輸入)
座談会 判例を見る三つの眼―弁護士・弁理士・企業の視点から

著者等紹介

小林十四雄[コバヤシトシオ]
弁護士・弁理士。小林・藤堂法律特許事務所

小谷武[コタニタケシ]
不二商標綜合事務所

西平幹夫[ニシヒラミキオ]
カゴメ株式会社法務部知的財産グループ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。