テレビだョ!全員集合―自作自演の1970年代

個数:
電子版価格 ¥2,592
  • 電書あり

テレビだョ!全員集合―自作自演の1970年代

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月18日 22時52分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 278p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787232809
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C0036

内容説明

草創期独特の熱気に包まれていた60年代とMANZAIブームで幕を開ける華々しい80年代とに挟まれ、奇妙なまでに静かな印象がある70年代のテレビ文化。だがその時代のテレビをめぐる一つ一つの出来事を見ていくと、「テレビの外部」を映していたテレビがテレビ自身を自作自演するようになった歴史的プロセスが浮かび上がってくる。テレビ史の転換点としての70年代を照射するメディア論。

目次

七〇年代テレビと自作自演
第1部 七〇年代テレビをジャンル別に見る(開拓者の時代―七〇年代バラエティというフロンティア;視るものとしての歌謡曲―七〇年代歌番組という空間;ドキュメンタリー青春時代の終焉―七〇年代テレビ論;日常性と非日常性の相克―七〇年代テレビドラマ論;コマーシャルの転回点としての七〇年代)
第2部 七〇年代テレビと社会を読む(テレビと大晦日;「女子アナ」以前あるいは“一九八〇年代/フジテレビ的なるもの”の下部構造―露木茂氏インタビューから;テレビにとって“やらせバッシング”とは何か―「やらせ問題」のテレビ史的意義)

著者紹介

長谷正人[ハセマサト]
1959年、千葉県生まれ。早稲田大学文学学術院教授。専攻は映像文化論、コミュニケーション論

太田省一[オオタショウイチ]
1960年、富山県生まれ。社会学者。専攻は社会学、テレビ論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)