小児がん病棟の子どもたち―医療人類学の視点から

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 198p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784787232090
  • NDC分類 493.94
  • Cコード C0036

内容説明

白血病や悪性リンパ腫などと闘う小児がん患児たちをフィールドワークし、患児同士、患児と親、患児と医師・ナースの相互作用の諸相を導き出し、病棟社会の関係構造を提示する。

目次

第1章 はじまりの語り
第2章 フィールドに向かって
第3章 病棟社会の構成
第4章 自分の病気を知ること/知らないでいること
第5章 終末期、そして子どもの死
第6章 「ふり」をする母親
第7章 タブーを排除すること、あるいは不安と恐怖について
第8章 「社会的な死」を招来しないための関係構造
おわりに―断ち切られた者、終わらない歌を歌う

著者等紹介

田代順[タシロジュン]
1956年、東京都生まれ。国際基督教大学大学院修士課程修了、成城大学大学院博士後期課程所定単位取得後退学。現在、ニューポート大学日本校(通信制)教員ほか、精神障害者デイケアグループワーカー、スクールカウンセラーなどを勤める。臨床心理士、精神保健福祉士(専攻、臨床心理学、臨床社会学)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

白血病や悪性リンパ腫などと闘う小児がん患児たちをフィールドワークし、死に直面した患児という社会的役割、原初的な母子関係への回帰など、患児同士、患児と親、患児と医師・ナースの相互作用の諸相を導き出して、病棟社会の関係構造を提示する。

第1章 はじまりの語り

第2章 フィールドに向かって

第3章 病棟社会の構成
 1 子どもたちの日々。面会する母親。そして夜の待合室
 2 場所をめぐって――入っていい場所/だめな場所/出ていってはいけない場所
 3 マルク(骨髄穿刺)とルンバール(腰椎穿刺)
 4 しつけの問題
 5 身代わり地蔵――現代医学と「民間信仰・民間療法」
 6 ほかの子どもの死、あるいは「死およびそれを連想させるもの」を峻拒する

第4章 自分の病気を知ること/知らないでいること
 1 子どもが自分の病気を知っていくということ
 2 子どもの病気に対する母親の態度という「情報」

第5章 終末期、そして子どもの死
 1 子どもの死をめぐって――病名告知・再発告知という情報から
 2 母と子の絆

第6章 「ふり」をする母親

第7章 タブーを排除すること、あるいは不安と恐怖について

第8章 「社会的な死」を招来しないための関係構造

おわりに――断ち切られた者、終わらない歌を歌う


資料