満洲スポーツ史―帝国日本と東アジアスポーツ交流圏の形成

個数:
電子版価格
¥5,060
  • 電書あり

満洲スポーツ史―帝国日本と東アジアスポーツ交流圏の形成

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月17日 21時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 378p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787221018
  • NDC分類 780.222
  • Cコード C0021

内容説明

多様な民族が交差した満洲で、スポーツはどのように実践され、どんな役割を果たしていたのか。企業スポーツ、女子スポーツ、朝鮮人や台湾人のアスリートなどに焦点を当てて、「労働」「民族」「移動」「国際関係」という視点から満洲のスポーツの諸相を明らかにする。

目次

満洲スポーツの歩み
第1部 労働と定着(バレーボールの歴史において満洲はいかなる意味をもつのか―競技・レクリエーション・能率増進;在満日本人の女子スポーツ―婦人の健康問題;一九四〇年前後の満洲における企業スポーツ―満洲電業の事例)
第2部 民族の移動と統治(満洲における在満朝鮮人のスポーツ活動;満洲の台湾人選手―張星賢と柯子彰;「満洲国」の誕生と満洲建国体操―体操による「満洲国民」創出の試み)
第3部 組織化と「国際」関係(「満洲国」の武道界―満洲帝国武道会の成立と展開を中心に;「満洲国」スポーツ界と明治神宮大会;「満洲国」とナショナルチーム)

著者等紹介

高嶋航[タカシマコウ]
1970年生まれ。早稲田大学スポーツ科学学術院教授。専攻はスポーツ史、東洋史

佐々木浩雄[ササキヒロオ]
1975年生まれ。龍谷大学文学部教授。専攻は体育史、スポーツ史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。