越境する近代<br> 殉国と反逆―「特攻」の語りの戦後史

個数:
電子版価格 ¥3,740
  • 電書あり

越境する近代
殉国と反逆―「特攻」の語りの戦後史

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 218p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787220226
  • NDC分類 210.75
  • Cコード C0320

内容説明

敗戦後、『きけわだつみのこえ』『雲ながるる果てに』『あゝ同期の桜』など数多く出版されてきた特攻隊にまつわる遺稿集とその映画から「特攻」表象の歴史的変容を読み、「特攻」が「反戦」「犬死」「忠誠」「殉国」「反逆」と多様な語られ方/読まれ方をしてきたプロセスを追って、戦後日本のナショナリティと「戦争の語り」の限界と可能性を照射する。

目次

第1章 「正」と「美」の二項対立(戦争末期と特攻;学徒兵の「反戦」イメージ;「わだつみ」へのアンチテーゼ;「純真」な特攻像の受容)
第2章 「犬死」の多義性(『あゝ同期の桜』の刊行;特攻の「任侠」化;予科練の遺稿集と映画)
第3章 「殉国」の逆説(「忠節」への共感と反感;「殉国」と天皇制批判)

著者等紹介

福間良明[フクマヨシアキ]
1969年、熊本市生まれ。同志社大学文学部卒業。出版社勤務を経て、京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程修了。博士(人間・環境学)。香川大学経済学部准教授。専攻は歴史社会学・メディア論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

富士の鷹

0
様々な特攻についての遺稿集や映画の意図や反響を分析した書。あの戦争の目的はなんだったのか?特攻という手段は異常だ。国一丸となって戦争をすること自体が目的だったとしか思えない。国民全体が集団催眠状態だったのか?そんなことだから内外から戦争責任を問われても何一つ解決できないのではないか。目的が支離滅裂だから、どんなこまでが許容される範囲なのかなんて誰も考えていなかったということなんだろう。俺たち完全戦後派にその後始末のツケ回すなといいたくなるような良書2013/04/06

天婦羅★三杯酢

0
戦後の戦争映画とやくざ映画のいいレファレンス 戦争(映画)賛美を高めると、いつの間にか戦争と天皇批判になっていた。 頭ごなしに「戦争はよくない」という論は、感情的反発を招きやすい。 このように、「戦争結構カコイイ」という人にあえて異を唱えずに突き進む中で「あれ?」って思わせた方が、実は深いところで戦争に対する抑止力になるのではないか?2011/11/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/607201

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。