批判的思考力を育てる学校図書館 - 付:図書館利用記録とプライバシー

個数:
  • 予約
  • ポイントキャンペーン

批判的思考力を育てる学校図書館 - 付:図書館利用記録とプライバシー

  • 渡邊重夫
  • 価格 ¥2,640(本体¥2,400)
  • 青弓社(2020/06/25発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 48pt
  • ご予約受付中
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ◆通常、発売日にウェブストアから出荷となります。
    ◆指定発売日のある商品は発売前日にウェブストアから出荷となります。
    ◆一部商品(取り寄せ扱い)は発送までに日数がかかります。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆表示の発売日や価格は変更になる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 220p
  • 商品コード 9784787200730
  • Cコード C0000

出版社内容情報

学校図書館とは何か。

それは、子どもの成長・発達の権利を日常的に支える教育環境である。同時に、すべての子どもが、学校図書館を利用することで平等に情報(学習材、読書材)を入手し、豊かな学びと育ちを保障する学校社会の「セーフティネット」である。



本書では第1章・第2章・第3章で、現在の教育課題である「批判的思考力」を児童・生徒はどのようにして身に付けるのかを解説し、学校図書館法にある「健全な教養」概念を、大正教養主義にまでさかのぼって検討して「教養」の重要性を示す。そのうえで、学校図書館が「教養」の形成にどのように役立つのかを解説する。



加えて第4章では、図書館利用者の利用記録が捜査機関に提供された問題を論じる。利用記録は、図書館利用者のプライバシー情報であり、他者への提供は利用者の思想・信条や内心の自由の侵害を招来しかねない。さらに、秘密の保持は公務員に課せられた法的義務である。公立図書館は、捜査機関からの照会にどう対応するのか、利用記録のプライバシー性を軸に論じる。





目次

第1章 「批判的思考」を支える学校図書館

「自ら考え自ら判断する」ということ

「批判的思考」を支える条件  ほか



第2章 読書は子どもの「栄養素」

「想像力」を高める読書の世界

情報獲得手段としての読書  ほか



第3章 「健全な教養」って何だろう

「共用」概念の歴史性と時代性

「健全な教養の育成」と選書  ほか



第4章 図書館利用記録とプライバシー

図書館利用記録の捜査機関への提供

「貸出記録」と個人情報保護条例  ほか