コーポレートガバナンスと企業・産業の持続的成長

個数:
  • ポイントキャンペーン

コーポレートガバナンスと企業・産業の持続的成長

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年09月22日 06時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 367p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784785725952
  • NDC分類 335.4
  • Cコード C3032

内容説明

東京大学大学院の連続講義を書籍化!企業の持続的成長に貢献する「コーポレートガバナンス」とは何か?深化するコーポレートガバナンス改革を産官学の一線で活躍する8人の論者が語る白熱講義。

目次

第1編 コーポレートガバナンスを巡る学術的・国際的議論(コーポレートファイナンスの観点から見たコーポレートガバナンス;OECDコーポレートガバナンス原則の変遷)
第2編 コーポレートガバナンスと企業の持続的成長(企業の「稼ぐ力」向上につながる実践的コーポレートガバナンス;コーポレートガバナンス改革と独立取締役;機関投資家から見たコーポレートガバナンスの現状と課題;日本株ストラテジー コーポレートガバナンス改革の評価)第3編 企業不祥事とコーポレートガバナンス(証券取引等監視委員会の課題とコーポレートガバナンス;コーポレートガバナンスと企業の危機管理)

著者等紹介

神作裕之[カンサクヒロユキ]
東京大学法学部卒。学習院大学法学部専任講師、同助教授、同教授を経て、2004年より東京大学大学院法学政治学研究科教授。専門は商法・資本市場法。金融審議会委員、関税・外国為替等審議会臨時委員、法制審議会信託法部会幹事等

小野傑[オノマサル]
1976年東京大学法学部卒。1978年弁護士登録(30期)。1982年ミシガン大学ロースクールLL.M修了。1983年ニューヨーク州弁護士資格取得。1985年西村眞田(現、西村あさひ)法律事務所パートナー、2004年代表パートナー。2007年東京大学客員教授。流動化証券化協議会専務理事、金融法委員会委員、法制審議会信託法部会委員、複数の金融機関の社外役員(社外取締役、社外監査役)を務める

今泉宣親[イマイズミヨシチカ]
京都大学法学部卒。2003年金融庁入庁。金融庁総務企画局企画課、総務企画局政策課課長補佐、監督局総務課課長補佐などを経て、2015年8月より東京大学公共政策大学院特任准教授。2017年7月より金融庁総務企画局政策課政策管理官(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

コーポレートガバナンスについて、「攻め」の観点から、経済的視点からのモデル分析、または経営者と機関投資家の観点から見たコーポレートガバナンス改革等について分析し解説。また、「守り」の観点から、資本市場自体の機能と公正性のための証券規制の実態と、企業の危機管理体制等についても解説している。

神作 裕之[カンサク ヒロユキ]
編集

小野 傑[オノ マサル]
編集

今泉 宣親[イマイズ ミノリチカ]
編集