江頭匡一に叱られて―レストランを産業化させた日本の外食王

個数:

江頭匡一に叱られて―レストランを産業化させた日本の外食王

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年06月18日 05時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784785504274
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0063

内容説明

「外食王」の異名を持つ「ロイヤル」創業者から最も多く叱られ、3度解任された男の見た「経営の真髄」。

目次

第1章 飲食業の産業化「前夜」―江頭匡一氏の野心と志
第2章 「今すぐ散髪に行かせなさい!今すぐ!」―入社~店舗勤務時代(22歳~29歳)
第3章 「僕は公休という言葉が嫌いだ!」―ロイヤルホストチェーン本部勤務時代(30歳~36歳)
第4章 「梅谷君、君、これ美味しいか?」―ベーカリー事業部長時代(37歳~42歳)
第5章 「君の作ったケーキは仕上げが雑だ」―工場勤務時代(42歳~50歳)
第6章 「梅谷、お前も辞めるか?」―本部勤務~シズラー事業部長時代(51歳~60歳)

著者等紹介

梅谷羊次[ウメタニヨウジ]
1947年生まれ。1969年西南学院大学卒業後、ロイヤル(株)(現ロイヤルホールディングス(株))入社。ロイヤルホスト直営1号店店長を務めた後、ロイヤルホストの東京出店から全国展開の中心となる。その後、ベーカリー部門責任者、製造部門責任者、人事部長、シズラー分社長、環境担当役員などを歴任。2007年1月同社を定年退職後、(株)すかいらーく入社。2008年同社退社。現在フードサービスコンサルタント。レストラン経営のほか食品メーカー、農業、地域との連携、食育などのコンサルティングで活躍。日本獣医生命科学大学非常勤講師、フードコーディネータースクール講師など幅広く活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

レストランを産業化させた日本の「外食王」と異名を持つロイヤルホスト創業者に、最も多く叱られ、3度解任された男、著者が見た「経営の真髄」とは。