暮らしは私たちが守る―3・11東日本大震災生活者のライフラインを死守した商人たちの記録

個数:

暮らしは私たちが守る―3・11東日本大震災生活者のライフラインを死守した商人たちの記録

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 287p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784785504106
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C0063

目次

第1部 ライフラインを死守した流通・商業者たちの記録(取材記録「我ら商業者、かく戦えり」―泥土と瓦礫と放射能禍の中で地域商業の志と心意気を現地で見た;インタビュー検証「お客さまのために早急に店を開けよ!」―暮らしを守ろうと戦った流通企業トップたちの志と使命感、リーダーシップ;三大食品卸企業の経営トップ語録「地域の生活を守る地域小売業を支援せよ」―中間流通の卸かく戦えり‐三.一一で見せたその使命感と実践の記録;学識者たちの証言「流通・商業は生活基幹産業である」―三.一一で再確認した、その社会的役割と存在価値)
第2部 我々はこの未曽有の大災厄から何を学習するのか?(経営者語録で綴る三.一一の教訓―平時にこそ有事の備えを;国難なときにこそ生きる本当の企業力―厳しい経営環境下で生きる真の顧客支持力と競争優位を作り出す五つの原則)
エピローグ 表に見えざるものが商いの成否を決定づける時代に

著者等紹介

田口香世[タグチカヨ]
大分県出身。県立大分上野丘高等学校、東洋英和女学院大学卒業。月刊『2020 Value Creator』((株)VALUE CREATOR 社)編集主幹・緒方知行のアシスタントを経て、2007年11月、同誌編集長に就任。『スーパーマーケットの店長会議』(不定期発行)、『ペットマーチャンダイジングのすべて』(年1回発行)の編集長も務める。『暮らしは私たちが守る―3・11東日本大震災 生活者のライフラインを死守した商人たちの記録』で初の著作も刊行

緒方知行[オガタトモユキ]
早稲田大学卒業。新聞記者を経て1964年商業界入社。『販売革新』の編集長、『商業界』編集長を歴任、同社取締役編集局長を経て、1982年独立。月刊誌『2020AIM』を発刊。創刊250号を機に『2020 Value Creator』に誌名変更。現在その編集主幹。また、郷里・大分県で、次代を担う商業後継者を育てる「豊の国商人塾」を塾頭として、大分県知事と共に25年にわたって継続(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

大震災に遭いながらも自身の役割を果たそうと必死で取り組み、復興へ歩む商業者たちの凛とした後ろ姿をしっかりと記録し、讃えたいという思いがベースにある。流通・商業の持つ大きな存在意義を本書で感じていただきたい。