ヨークベニマルの経営―最強のスーパーマーケット企業

個数:

ヨークベニマルの経営―最強のスーパーマーケット企業

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年06月19日 03時01分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784785503406
  • NDC分類 673.8
  • Cコード C0063

内容説明

福島県郡山市に本部を置き、福島県、宮城県、山形県、栃木県、茨城県の東北・北関東5県に総店舗数155店舗(2008年12月末現在)を展開し、年商3199億円(08年2月期)を売り上げているスーパーマーケットチェーン。1990年代、ヨークベニマルの経営者が社内に向かって「本気で」発した言葉。それは、「これからのスーパーマーケット」の指針である。初めて世に出るあまりに貴重なドキュメント。

目次

第1章 「ヨークベニマル」とは?―「高い買上点数」を支える独特の「企業文化」
第2章 故大高善二郎前社長1990年代の「社内発言」―謙虚に学び、「ヨークベニマルの歌」を歌う
第3章 大高善興現社長1990年代の「社内発言」―厳しい選択をするのがわれわれのやり方のはずだ
第4章 ヨークベニマル役員会ドキュメント―なぜ、そのような姑息な方針提案をするのか理解に苦しむ
第5章 ヨークベニマルの「売り方」―「店長平台」「おでん祭り」、そして「感動・創造と挑戦の祭典」

著者等紹介

五十嵐正昭[イガラシマサアキ]
1947年福島県生まれ。69年法政大学経営学部卒。71年(株)マルトミ入社。76年(株)ヨークベニマル入社。79年仙台荒巻店店長。81年商品本部コントローラー(業績予測と在庫コントロールおよび業績対策)。83年ニューフォーマット・プロジェクトリーダー(素材提供店舗に代わる食事提案とフード&ドラッグの次世代型マーチャンダイジングコンセプト構築に携わる)。85年店舗開発部調査担当マネージャー(店舗売上高予測と投資採算、テナント条件設定に携わる)。87年店舗開発部開発担当マネージャー。89年宮城県店舗開発部総括マネージャー。92年取締役物流事業部長。94年常務取締役開発室長。2000年(株)原信取締役開発部長。04年(株)ヤオコー取締役開発本部長。07年同社退社。現在、SC開発戦略研究所MTMインターナショナルパートナー、中小企業診断士。会津若松市在住

新津重幸[ニイツシゲユキ]
1948年生まれ。70年早稲田大学商学部卒業。72年同大学大学院商学研究科修士課程修了。同年(株)読売広告社マーケティング部を経て、80年高千穂商科大学(現高千穂大学)専任講師に着任。90年より同大学教授。現在、高千穂大学理事・同大学院教授(広告論・マーケティング論)。早稲田大学商学学術院総合研究所・WBS研究センター講師。社団法人セルフ・サービス協会・客員教授。90年生活者と企業活動を結ぶ研究・開発を目的として「マーケティング総合研究所」を設立。RFID(ICタグ)システム研究、商品開発・業態開発のプロジェクト等、広範囲に実践的マーケティング活動を展開。また、各社顧問として提案型営業の実務的指導を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。