ポピュラーサイエンス
ミステリーと化学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 171p/高さ 19X14cm
  • 商品コード 9784785385538
  • NDC分類 430.4
  • Cコード C0043

目次

第1章 操り人形
第2章 その名はバイルシュタイン
第3章 まだらの紐
第4章 夾竹桃
第5章 キプロスの蜂
第6章 毒草
第7章 蒼ざめた馬
第8章 愚人の毒
第9章 「襲撃」(「アリスミステリー」より)
第10章 毒キノコ
第11章 カジノ殺人事件
第12章 ローマ皇帝ネロとその母アグリッピナ
第13章 ミケランジェロのだまし絵
第14章 アスピリン(『推理する医学』より)
第15章 煙草と悪魔

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

くまこ

3
毒好きな推理小説ファンにお薦め。ミステリーを紐解きながら解説された、実際の一般教養の講義がベースの本。例えば、アガサ・クリスティーの『蒼ざめた馬』を紹介し、殺鼠剤などに使われるタリウムが、元素周期表のカドミウム、水銀、鉛と絡めて説明されている。アガサ・クリスティーが薬剤師目指して勉強していたというエピソードや、クリスティーの作品一覧表まで載っていて、マニアックというか何というか、とても楽しい授業だったんだろうな。2012/12/27

みけ

0
文学の中に出てくる薬品を説明したもの。ちょっと難しいがおもしろかった。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/149884

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。