ポピュラーサイエンス
血液型は語る―親子鑑定と日本人の起源

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 130p/高さ 19X13cm
  • 商品コード 9784785385316
  • NDC分類 491.321
  • Cコード C0045

出版社内容情報

《内容》 中国残留孤児の問題で大きな関心を呼んだ血液型による親子鑑定。現在99.99%の確率で鑑定ができるまでになった血液型研究の進歩を概説します。また、ある血液型の分析により著者が解明した、各民族の結びつきと日本人の起源について説き明かします。    《目次》 1 血液型による親子鑑定 1.1 文学にみる親子鑑定 1.2 歴史にみる親子鑑定 1.3 親子鑑定とは 1.4 親子鑑定の方法 1.5 血液型の遺伝 1.6 父権否定の確率 1.7 親子鑑定の例 2 血液型の発見 2.1 血液型の歴史 2.2 ABO式血液型 2.3 Rh式血液型 2.4 血清型 2.5 白血球型(HLA型) 2.6 酵素型 2.7 補体型 2.8 DNAの多型 3 血液型はどのように利用されるか 3.1 個体識別 3.2 卵性診断 3.3 犯罪操作 3.4 親子鑑定 3.5 人類学的応用 3.6 遺伝子地図,血液型と疾病との関係 3.7 血液型によるヒトの性格,能力の判断について 4 血液型の人類遺伝学的応用 4.1 Gm型とはどのようなものか 4.2 混血集団の例 5 世界に分散する蒙古系民族の特徴 5.1 北方型蒙古系民族と南方型蒙古系民族 5.2 アメリカインディアンの形成 5.3 Gm遺伝子型からみると日本人は等質 5.4 南西諸島の住民について 5.5 朝鮮民族について 5.6 中国諸民族集団について 5.7 東南アジアと南太平洋諸民族の形成 5.8 イースター島の原住民について 5.9 オーストラリアの原住民について 6 日本民族の起源 6.1 なぜ蒙古系民族に二つのグループができたのか 6.2 日本民族渡来の時期と混血の割合 6.3 日本人の形成過程をたどれば 6.4 文化人類学や考古学的な根拠について 6.5 まとめ 7 バイカル湖とその周辺の人々 7.1 バイカル湖 7.2 ブリアートの人々 文献 索引

目次

1章 血液型による親子鑑定
2章 血液型の発見
3章 血液型はどのように利用されるか
4章 血液型の人類遺伝学的応用
5章 世界に分散する蒙古系民族の特徴
6章 日本民族の起源
7章 バイカル湖とその周辺の人々

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

カットマン

1
日本史特に古代史を再勉強中のおっさんである私。本書の結論は衝撃的。少し古い本だが、血液型研究の権威が人種遺伝学に挑み日本人起源論に異説を提出。文系の本を読んでいると、何となく「日本はいろんな民族の寄せ集めで、渡来系の人が大きな役割を果たした」という歴史観になるのだが、本書は「日本人は北方蒙古人と特徴をよく保存(混血の影響は少ない)」「起源はバイカル湖(南方から島を伝わって来たわけではない)」とバッサリと文系俗説を否定。ウーン、知恵熱が出そうだ。2018/07/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1461213

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。