マダガスカルの動物―その華麗なる適応放散

個数:

マダガスカルの動物―その華麗なる適応放散

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年08月18日 00時52分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 364p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784785350406
  • NDC分類 482.491
  • Cコード C3045

内容説明

「マダガスカル島」ここに暮らす生物の大半は固有種であり、世界遺産と呼んでもよいほど貴重かつ稀少な生物である。本書は、アフリカ大陸より400km離れた洋上に浮かぶマダガスカル島に生息する珍しい動物の中で、魚類を除いた脊椎動物たち―原猿類(レムール)、陸上哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類―を取り上げ、どのような動物が生息し、どのようにこの島で華麗に適応放散しているのかを解説し、また、これら貴重な生物たちとマダガスカルの自然・環境を保護・保全する活動の現状も紹介する。

目次

1章 マダガスカル島とその自然―まえがきに替えて
2章 マダガスカルの原猿類
3章 マダガスカルの陸上哺乳類(原猿類を除く)
4章 マダガスカルの鳥類
5章 マダガスカルの爬虫類
6章 マダガスカルの両生類
7章 マダガスカルの自然保護と環境保全

出版社内容情報

動物の進化に焦点をあてた国際チームの研究の紹介書である。不思議な動物がいっぱいでてくるが、中でも、すでに絶滅したエピオルニスという巨鳥の話が面白い。大型のものは体高三メートル、体重五百キログラム、卵の容積が九リットルあったといい、絶滅種を含めて世界最大の鳥である.....。(立花隆『ぼくが読んだ面白い本・ダメな本 そしてぼくの大量読書術・驚異の速読術』 284頁、より)