量子力学〈1〉

個数:

量子力学〈1〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月23日 20時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 240p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784785322069
  • NDC分類 421.3
  • Cコード C3042

内容説明

本書は、古典物理学から量子力学への革命の過程を説明した量子力学の入門書である。

目次

1 光の波動性と粒子性
2 原子核と電子
3 過渡期の原子構造論
4 波動力学のはじまり
5 波動関数の物理的意味
6 量子力学の成立
7 井戸型ポテンシャル
8 調和振動子

著者等紹介

江沢洋[エザワヒロシ]
1932年東京に生まれる。1955年東京大学理学部卒業、1960年同大学院数物系研究科博士課程修了、同大学理学部助手となる。1963年フルブライト研究員として渡米、1966年ドイツに渡り、1967年に帰国、学習院大学助教授となる。1970年に教授。1972年から2年間、米国ベル研究所で研究員。理学博士。専攻は理論物理学、数理物理学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぶつりがく徒のつどい

2
有名な入門書がいくつかあるうちの1つ。これは他の入門書にも言えることだが、始めは完璧に理解しようとせず通読することが望ましい。この本の場合、特に5,6章以外は各論だと思ってしまって良い。 5、6章で量子力学の概略を習得したのちは、量子力学の典型的な問題である水素原子について触れるとさらにイメージを固めやすいのだが、水素原子の登場はⅡ巻に譲られている。7,8章の例は水素原子と比べはるかにイメージしにくい場面なので、計算の練習だと割り切って吸収するか、一度飛ばしてⅡ巻を先に眺めることが望ましいだろう。2012/11/10

コンバースさん

0
数式を追うのがだるいがあとはとても簡単に書いてある 7章は大変なので飛ばした2014/07/17

tanipo

0
2002年初版。Ⅰは調和振動子まで。 難易度(1-5):☆☆☆2020/08/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/226293

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。