数学シリーズ
代数入門―群と加群

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 216p/高さ 22X15cm
  • 商品コード 9784785314026
  • NDC分類 411
  • Cコード C3041

内容説明

本書は、群・環・および環上の加群を題材にした、抽象代数学の基礎的概念への入門書である。線型代数学を学んだ直後の初学者を対象読者とし、線型代数学における内容と諸概念が、群・環などの基礎的代数系の初歩的運用によって、いかなる描象に成長するかを一つの目標としている。従来の入門書と異なり、整数論への入門(ガロア理論)の代りに、現代的トピックとしていわゆる代数解析の一端の紹介をしている。

目次

1 代数系の基礎
2 線型代数再論
3 群
4 環と加群
5 ワイル代数とその加群

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

マッ

1
大学3年レベルの代数学をある程度知っている人向け。 書き方は簡潔だが前半部は意外と読みやすいと思った。 後半部の加群の章から難しくなり、大変だった。2019/06/13

しょうちゃん

0
コンパクトでよかった。抽象論を抽象のまま扱っていて筋がわかりやすかった。 群に関する具体例はほとんどない。2015/06/09

nablaenergy

0
後半の難易度がやばかったがなんとか読了。5章の内容が興味深かった。2011/09/02

Galois Noir

0
群・環・加群についてコンパクトにまとめられている。可解群の説明箇所ではやはりガロア理論の枠組みの中で代数方程式の解法とセットで学ぶべきものなので伏線回収なされない気分。加群の枠組みの中で線型代数学のハイライトであるジョルダン標準形が導かれるところもハイライトのひとつか。ホモロジー代数の頭出しのような話題もあり。回収されない伏線だらけだなww

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/262287

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。