接続の微分幾何とゲージ理論

電子版価格
¥5,170
  • 電書あり

接続の微分幾何とゲージ理論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 255p/高さ 22X16cm
  • 商品コード 9784785310585
  • NDC分類 414.7
  • Cコード C3041

内容説明

最近高まってきた接続に対いる広い関心は物理学におけるゲージ理論に負うところが大きい。ゲージ理論が純粋数学として発展し、4次元トポロジーに応用されるにおよんで、接続の理論は多様体の研究に必須のものとなり重要な道具となってきた。本書は、接続の理論とその応用としてのゲージ理論の初歩を数学の立場から解説したものである。

目次

1 多様体
2 接続
3 リーマン幾何
4 特性類
5 Yang‐Millsの接続
6 4次元多様体上のYang‐Mills接続

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

LvzaB

2
もう少し勉強してから再読したい。特にYang-Mills接続の所。2016/01/23

T.Numa

2
同著者の曲線と曲面の微分幾何とノーテーションが同じかんじなので、それと比べながらやると何を一般化してるのかがわかりやすいと思う。特性類なども載っていて良い。

枕流だった人

1
1990/7/20 3版 市原市立図書館

らんまる

1
指数定理周辺・葉層構造がまだ微妙。2012/03/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/60302
  • ご注意事項