赤い罠―ディオバン臨床研究不正事件

個数:

赤い罠―ディオバン臨床研究不正事件

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月24日 02時17分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ 46判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784784944477
  • NDC分類 499.4
  • Cコード C3047

内容説明

ついに司法の手に委ねられた前代未聞の研究不正事件―論文発表当初から疑義を抱き、問題点を指摘し続けてきた医師が真実を闇に葬り去ろうとするあらゆる勢力に抗して、事件の真相に迫る。

目次

第1章 国際学会で発表!日本発大規模臨床試験
第2章 不正発覚―それは一通のメールから始まった
第3章 真相究明と再発防止を求めて―厚労省調査委員会
第4章 舞台は法廷へ―45例の架空イベントをめぐる攻防
第5章 “赤い罠”に巻き込まれた人たち―それぞれの背景と言い分
第6章 「降圧を超えた効果」をめざす企業と営業マンと化した専門家たち
第7章 臨床試験をめぐる諸問題、再発防止への課題

著者紹介

桑島巖[クワジマイワオ]
特定非営利活動法人臨床研究適正評価教育機構理事長。東京都健康長寿医療センター顧問。東京医科大学兼任教授。1971年岩手医科大学医学部卒業。1973年東京都養育院附属病院循環器科勤務。1980年~1982年米国ニューオリンズオクスナー研究所留学。1988年東京都老人医療センター(旧養育院附属病院)循環器科医長。2003年東京都老人医療センター内科部長。東京医科大学客員教授兼任。2005年東京都老人医療センター副院長。2009年組織改正により地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター副院長。臨床研究適正評価教育機構(J‐CLEAR)理事長。2012年東京都健康長寿医療センター顧問、東京医科大学兼任教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)