だから医学は面白い―幻(ビジョン)を追い続けた私の軌跡

個数:
  • ポイントキャンペーン

だから医学は面白い―幻(ビジョン)を追い続けた私の軌跡

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2017年12月13日 05時20分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A4判/ページ数 163p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784784944385
  • NDC分類 490.4
  • Cコード C3047

内容説明

世界の誰よりも長く、深く、そして広い視野で医学・医療を考えてきた医師の到達点。渾身の書き下ろし。

目次

1 アートとしての医学―看護と融合する医学(医学はサイエンスに支えられたアートである;ウィリアム・オスラーの生涯 ほか)
2 医師として成熟するための数々の試練(姉と競い合った少年時代;左翼思想に傾倒した三高時代 ほか)
3 日本の医療システムを変えていく(武見太郎と橋本寛敏;臨床研修・医学教育の改革に挑む ほか)
4 次世代リーダーへのメッセージ(「人生のモデル」を持つことの大切さ;「テンダーマインド」で傷ついた心をサポートする ほか)

著者紹介

日野原重明[ヒノハラシゲアキ]
1911年山口県生まれ。1937年京都帝国大学医学部卒業。1941年聖路加国際病院(東京都中央区)に内科医として勤務。聖路加看護大学学長、聖路加国際病院院長などを経て、一般財団法人聖路加国際メディカルセンター理事長、聖路加国際病院名誉院長、学校法人聖路加国際大学名誉理事長、聖路加国際大学名誉学長、公益財団法人聖ルカ・ライフサイエンス研究所理事長。2005年文化勲章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)