カラー図解 人体の正常構造と機能〈9〉神経系(2)末梢神経系の構造・自律神経機能・感覚系 (改訂第4版)

個数:

カラー図解 人体の正常構造と機能〈9〉神経系(2)末梢神経系の構造・自律神経機能・感覚系 (改訂第4版)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A4判/ページ数 104p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784784932481
  • NDC分類 491.1
  • Cコード C3047

目次

脊髄神経
自律神経
脳神経
体性感覚
視覚
聴覚と平衡覚
嗅覚と味覚
外皮

著者等紹介

久野みゆき[クノミユキ]
元大阪市立大学准教授(生理学)。兵庫県生まれ。大阪大学理学部に進学。2年後、大阪市立大学医学部に再入学。1979年に卒業後、生理学教室の大学院生となり、基礎医学研究の世界に足を踏み入れる。近年は、プロトンイオンを中心に、イオンシグナリングのメカニズムとその破綻で引き起こされる神経系や骨の病態の研究を展開中

安藤啓司[アンドウヒロシ]
神戸大学名誉教授(生理学)。視覚機能編。1952年京都生まれ。岐阜大学医学部に入学。生理学教室に入り、教授の異動に従い神戸大学に移る

杉原泉[スギハライズミ]
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科教授(神経生理学)。1958年生まれ。医学部学生の時に神経生理学への興味から大学院に進学。日本で最初に細胞内微小電極記録を行った古河教授のもとで有毛細胞の研究を行った後、イカ巨大シナプスの研究などで有名なニューヨーク大学のLlin´as教授のもとに留学。その後、前庭頸反射の神経回路を明らかにした篠田教授の下で、単一軸索の投射を基盤とした小脳の機能構築と分子発現パタンの研究を始め、継続中

秋田恵一[アキタケイイチ]
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科教授(臨床解剖学)。1962年札幌生まれ。札幌医科大学を経て東京医科歯科大学大学院に入学し、骨盤壁ならびに会陰部の筋群の比較解剖の研究を行う。その後ロンドン大学に留学して、発生生物学的な手法を用いた研究へも幅を広げてきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。