唯物史観と新MEGA版『ドイツ・イデオロギー』

個数:

唯物史観と新MEGA版『ドイツ・イデオロギー』

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年05月18日 10時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 303p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784784518579
  • NDC分類 134.5
  • Cコード C0030

内容説明

唯物史観の成立解明に新段階を画する『ドイツ・イデオロギー』研究の集大成。待望の新MEGA I/5刊行にあわせ、ドイツ、中国、日本の研究者がマルクスの唯物史観の原像に迫る。

目次

第1部 新MEGA I/5と刊行後のドイツにおける反響(新MEGA版『ドイツ・イデオロギー』の刊行を報じるIMES事務局長のプレスリリース;『ドイツ・イデオロギー』がそもそも存在しなかった;「フォイエルバッハ」章におけるテキストの配列変更―新版『ドイツ・イデオロギー』(新MEGA I/5)の刊行によせて
大転換期のマルクス/エンゲルス研究―『ドイツ・イデオロギー』テキストの批判的新版に寄せて)
第2部 オーサーシップ、草稿編訳をめぐる論争(唯物史観の第1発見者;唯物史観の成立に関する廣松渉のエンゲルス主導説批判;マルクス社会理論の生成―『経済学・哲学手稿』と『ドイツ・イデオロギー』の接合;イデオロギー批判は、いつ、いかにして、成立したのか―新MEGA I/5解題に対する異論 ほか)