郷土玩具の新解釈―無意識の“郷愁”はなぜ生まれたか

個数:

郷土玩具の新解釈―無意識の“郷愁”はなぜ生まれたか

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 333p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784784515080
  • NDC分類 759.9
  • Cコード C0030

内容説明

百余年前の様々な知的実践の実例を掘り起こし、郷土玩具を学問的に位置づける新たな試み。

目次

第1章 おもちゃに投影された近代
第2章 趣味の世界の胎動
第3章 趣味の世界の開花
第4章 趣味と学問の分離
第5章 趣味と創作における葛藤
まとめ

著者等紹介

加藤幸治[カトウコウジ]
東北学院大学文学部歴史学科准教授・同大学博物館学芸員。専門は民俗学、とくに物質文化論。静岡県出身。総合研究大学院大学文化科学研究科比較文化学専攻(国立民族学博物館に設置)修了、博士(文学)の学位を取得。和歌山県立紀伊風土記の丘にて学芸員(民俗担当)として10年間勤務した後、2009年より東北学院大学講師、2011年より現職。研究テーマは、「物・人・情報の流通の民俗学」。第17回日本民具学会研究奨励賞(日本民具学会、2003年)・第21回小谷賞(近畿民具学会、2003年)・第16回総合研究大学院大学研究賞(同大学、2011年)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kassie

0
再読。2012/10/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4535131

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。