ドイツ帝国時代を読む―権威主義的国民国家の岩盤とその揺らぎ

個数:

ドイツ帝国時代を読む―権威主義的国民国家の岩盤とその揺らぎ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年05月18日 11時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 247p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784784513642
  • NDC分類 234.065
  • Cコード C0030

内容説明

ビスマルクの「上からの革命」によって確立したドイツ帝国時代(1871~1918)。同時代人の発言を手引きとして、都市住民の意識や生活実態、教養知識人の思考様式を読み取り、その時代の社会構造、政治体制の実相に迫る。

目次

第1章 ドイツ帝国時代の見取り図
第2章 強権的支配体制と忠誠心
第3章 生活苦にあえぐ大都市住民
第4章 「臣民」の培養装置
第5章 排除の壁を乗り越えた時
第6章 民族主義の偏見とそれへの警鐘
第7章 教養知識人に特有な思考様式
第8章 国民の政治的「成熟」への問いかけ
補章 W.J.モムゼンのドイツ帝国時代史研究についてのスケッチ

著者等紹介

五十嵐一郎[イガラシイチロウ]
1946年福島県会津若松市に生まれる。東京教育大学大学院文学研究科西洋史専攻修士課程を修了。埼玉県立高等学校の社会科教諭として五校に勤務。定年退職後、神奈川工科大学非常勤講師として日本近代史、歴史学、生涯学習概論などを担当(2007~14年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。