日本労働組合評議会の研究―1920年労働運動の光芒

個数:

日本労働組合評議会の研究―1920年労働運動の光芒

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 430,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784784504008
  • NDC分類 366.629
  • Cコード C0030

目次

序論―方法と課題
評議会労働運動がめざしたもの
芝浦製作所鶴見工場の労働運動―出発期のフォーディズムに対抗して
関東電気労働組合の生涯―職場の労働組合をめざして
初期の東京市従業員組合
評議会労働運動の内面的障害
1927年の日本労働組合評議会(健康保険争議;工場代表者会議運動;京浜争議と五法律要求運動)
評議会労働運動存続をめぐる選択肢
結論

著者等紹介

伊藤晃[イトウアキラ]
1941年北海道生れ。東京教育大学で日本史学を学ぶ。1971年より千葉工業大学に勤務、現在同大学教授。専攻、日本社会主義思想史・社会運動史
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。