戦国期守護権力の研究

個数:

戦国期守護権力の研究

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 430p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784784220564
  • NDC分類 210.47
  • Cコード C3021

内容説明

中世の終わりに登場した戦国大名が自らの力で領国をつくり上げ、幕府や守護といった古い権威から自立して新しい地域支配を行う。このような教科書的な戦国時代像は、じつは「戦国大名」とは何かという判別基準からして曖昧なままに積み上げられてきたもので、近年の研究の深化により多方面から問い直されつつある。本書は、戦国大名という概念を疑うことなく構築されてきた従来の研究に対し、戦国期の守護を軸にすえて多様な権力秩序の展開の様相をさぐったものであり、戦国期守護論を提示して当該期の権力論の再構築を目指す。

目次

戦国期守護とは何か
第1部 中世後期の守護支配と武家領主(出雲における守護支配と武家領主;石見における守護支配の展開と益田氏;大内氏の石見支配と吉見氏;戦国期備後における守護支配と国衆)
第2部 戦国期守護の分国経営と権力構造(大内氏の分国支配と室町幕府―守護体制;細川氏・大内氏と寛正伊予の乱;天文伊予の乱と河野氏権力;戦国期伊予の国成敗権と領主権;戦国期但馬の守護と領主)
第3部 権力秩序の流動化と戦国期守護(京極氏から尼子氏への出雲国成敗権の継承;戦国期の権力秩序と出雲尼子氏;毛利氏の覇権確立と家格上昇;戦国期の地域社会論と権力移行論;本書の成果と課題)

著者等紹介

川岡勉[カワオカツトム]
1956年島根県生まれ。静岡大学人文学部卒業、大阪大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学、博士(文学)。現在、愛媛大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。