説話研究を拓く―説話文学と歴史史料の間に

個数:

説話研究を拓く―説話文学と歴史史料の間に

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ A5判/ページ数 449p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784784219674
  • NDC分類 913.37
  • Cコード C3093

内容説明

説話とは何か?まったくの創作でもなく古記録でもない、このつかみどころのない作品たちはなぜ生まれ、いかに編纂され、そして伝えられたのか?日本史学や日本文学、宗教学、文化史学の研究者が一堂に集い、「説話」という文学ジャンルを解明すべく企図された、国際日本文化研究センター共同研究の成果。各分野の研究者たちがそれぞれの研究手法と知見を持ち寄り、説話文学と歴史史料の間を往還しつつ、説話研究に新たな地平を拓く。

目次

第1部 説話と歴史史料(歴史叙述としての説話;文学の側から読んだ公家日記―『明月記』の月 ほか)
第2部 説話の生成(「コノ話ハ蓋シ小右記ニ出シナラン」考―『小右記』と説話との間に;古今著聞集と文体―漢字文の混入と諸相 ほか)
特集 説話の国際性(日本とベトナムの十二支の違い;丁部領王の説話とベトナムのホアルー祭 ほか)
第3部 内在する歴史意識(称徳天皇と道鏡―『古事談』巻一巻頭話考;『長谷寺験記』編纂と下巻三十話の役割 ほか)
第4部 説話の変容(日記と説話文学―円融院大井川御幸の場合;武内宿禰伝承の展開―武内宿禰神格化の様相を中心に ほか)

著者等紹介

倉本一宏[クラモトカズヒロ]
1958年生。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位修得退学。博士(文学、東京大学)。国際日本文化研究センター教授・総合研究大学院大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。