能管の演奏技法と伝承

個数:

能管の演奏技法と伝承

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 252p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784784219322
  • NDC分類 768.16
  • Cコード C3073

内容説明

六百余年もの長きにわたってわが国で伝承されてきた演劇、能。能の楽器の中で唯一の管楽器である能管(笛)は、物語の情景を彩る重要な存在でありながら、その演奏技法がいかにして形成されたかについての先行研究は少なく、未解明な点が多い。本書は、室町時代末期から昭和期までの唱歌譜の解読と、近現代の演者の演奏技法の分析を通して、能管を中心とする能楽の演出の形成過程を歴史的に解明しようと試みるものである。これまでは制度や演能実態などの社会的側面にばかりが注目されがちであった能研究の歴史に、音楽学の専門家である筆者が、演奏実践の観点から新たな一ページを刻む。

目次

第1章 演奏技法の概要(現行三流儀の消長;常用曲目の特徴;現行唱歌譜;唱歌の仮名表記にみる流儀の特徴)
第2章 演奏体系(唱歌と声のイメージ;現行の演奏体系;実演奏におけるヴァリエーションの広がり)
第3章 演奏技法の形成と伝承―一噌流宗家伝来の唱歌譜にみる(一噌流宗家伝来の唱歌譜;唱歌譜の規範化にみる流儀の形成;唱歌の仮名表記の変容と演奏技法の形成)
第4章 演奏技法の地域展開―江戸時代中・後期の仙台藩一噌流を事例に(仙台藩の一噌流と伝存唱歌譜;「盤渉楽」と「猩々乱」にみる演奏技法の特徴)
第5章 演奏体系の変容―一噌流を事例に(唱歌の音楽実体に対する拘束性の形成;旋律型の形成と、演奏体系の変容)

著者等紹介

森田都紀[モリタトキ]
1976年神奈川県生まれ。東京藝術大学音楽学部楽理科卒業。同大学大学院音楽研究科博士後期課程修了。博士(音楽学)。専門は日本音楽史、日本芸能史。日本学術振興会特別研究員等を経て、京都造形芸術大学准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

 六百余年もの長きにわたってわが国で伝承されてきた演劇、能。能の楽器の中で唯一の管楽器である能管(笛)は、物語の情景を彩る重要な存在でありながら、その演奏技法がいかにして形成されたかについての先行研究は少なく、未解明な点が多い。
 本書は、室町時代末期から昭和期までの唱歌譜の解読と、近現代の演者の演奏技法の分析を通して、能管を中心とする能楽の演出の形成過程を歴史的に解明しようと試みるものである。
 これまでは制度や演能実態などの社会的側面にばかりが注目されがちであった能研究の歴史に、音楽学の専門家である筆者が、演奏実践の観点から新たな1ページを刻む。

序 章  
はじめに
一 研究史と視点
二 研究の目的
三 各章の概要

第一章 演奏技法の概要
はじめに
一 現行三流儀の消長
二 常用曲目の特徴
三 現行唱歌譜
四 唱歌の仮名表記にみる流儀の特徴

第二章 演奏体系
はじめに
一 唱歌と声のイメージ
二 現行の演奏体系
三 実演奏におけるヴァリエーションの広がり
おわりに

第三章 演奏技法の形成と伝承――一噌流宗家伝来の唱歌譜にみる
はじめに
一 一噌流宗家伝来の唱歌譜
二 唱歌譜の規範化に見る流儀の形成
三 唱歌の仮名表記の変容と演奏技法の形成

第四章 演奏技法の地域展開――江戸時代中・後期の仙台藩一噌流を事例に
はじめに
一 仙台藩の一噌流と伝存唱歌譜
二 〔盤渉楽〕と〔猩々乱〕にみる演奏技法の特徴
おわりに

第五章 演奏体系の変容―一噌流を事例に
はじめに
一 唱歌の音楽実体に対する拘束性の形成
二 旋律型の形成と演奏体系の変容
おわりに

終 章

あとがき     
索引

森田 都紀[モリタ トキ]
著・文・その他