楽市楽座令の研究

個数:

楽市楽座令の研究

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 456p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784784219087
  • NDC分類 671.2
  • Cコード C3021

内容説明

織田信長に代表される楽市楽座令は、これまで日本中世における流通政策の完成型として、市場での「自由取引」「旧態破壊」の実現や、近世城下町の成立に結びつく画期的な法令と見なされてきた。本書では、同時代における他の流通政策や交通網・経済といった、地域ごとの政治的・社会的情勢と法令との相関関係を見ることで、楽市楽座令や楽市場が、地域ごとにいかなる意義をもち、中近世移行期の社会変動にどう位置づけられるのか再考する。

目次

楽市楽座令研究の軌跡と課題
第1部 戦国大名と楽市令(今川氏と富士大宮楽市;徳川家康と小山楽市;松永久秀と楽市;後北条領国における楽市―世田谷・荻野・白子)
第2部 織田氏と楽市令(加納楽市令再考;金森楽市令の再検討;羽柴秀吉と淡河楽市;安土楽市令再論;「楽座」とは何か―越前橘屋を事例として)
「楽市楽座令」再考―中近世移行期における歴史的意義をめぐって

著者等紹介

長澤伸樹[ナガサワノブキ]
1983年山形県生。東北学院大学大学院文学研究科アジア文化史専攻博士後期課程修了、博士(文学)。日本学術振興会特別研究員(PD)、静岡市観光交流文化局歴史文化課学芸員を経て、仙台市博物館嘱託(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。