和食文化ブックレット<br> 和食の歴史―ユネスコ無形文化遺産に登録された和食

個数:

和食文化ブックレット
和食の歴史―ユネスコ無形文化遺産に登録された和食

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784784218684
  • NDC分類 383.8
  • Cコード C1021

内容説明

和食は「自然の尊重」という精神にもとづき、新鮮で多彩な食材に恵まれ、四季おりおりの自然の美にいろどられる日本列島に誕生しました。からだとこころの健康をたもち、家族や地域の絆となる、日本人がつくりあげた食文化です。

目次

序 米文化と和食
1 和食の形成(米文化の成立;神饌料理;大饗料理;精進料理)
2 和食の完成と展開(本膳料理;出汁と発酵調味料;料理流派と料理書の成立;懐石料理)
3 和食の発達(料理屋と会席料理;料理書と料理本;発酵調味料と和食の広がり;江戸時代後期の料理文化)
4 和食の新展開(西洋料理の移入;和食の見直しと衰退;新たな和食へ)

著者等紹介

原田信男[ハラダノブオ]
1949年生。明治大学大学院博士課程中退(史学博士)。国士舘大学21世紀アジア学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

日本独自の料理「和食」。
「和食」という言葉は近代に入って生まれたが、ではその料理自体はいつ、どのようにできあがったのか。また、その独自性はどうして生まれたのか。
シリーズ第5巻では、「和食」成立までの歴史を学ぶ。

はじめに―歴史と和食―

序 米文化と和食

一 和食の形成
  米文化の成立/神饌料理/大饗料理/精進料理

二 和食の完成と展開
  本膳料理/出汁と発酵調味料/料理流派と料理書の成立/懐石料理

三 和食の発達
  料理屋と会席料理/料理書と料理本/発酵調味料と和食の広がり/江戸時代後期の料理文化

四 和食の新展開
  西洋料理の移入/和食の見直しと衰退/新たな和食へ

おわりに―和食の特色と将来―

原田 信男[ハラダ ノブヲ]
1949年生.明治大学大学院博士課程中退(史学博士).国士舘大学21世紀アジア学部教授.主な編・著書に『江戸の料理史』(中央公論社、1989年)、『歴史のなかの米と肉』(平凡社、1993年)、『食をうたう』(岩波書店、2008年).