日本の食の近未来

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 249p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784784216789
  • NDC分類 383.8
  • Cコード C1039

目次

日本の伝統的食文化としての和食の行方
日本における家族の変化と食生活
食空間と将来
「食のとらえ方」のパラダイムシフトを求めて―アーユルヴェーダを照射版として
高齢者と食の満足―韓国の高齢者福祉施設を例に
鼻で食べることと目で食べること
国民食になった餃子―受容と発展をめぐって
食生活の変遷からみた日本の食の来し方行く末

著者等紹介

熊倉功夫[クマクライサオ]
1943年生。東京教育大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。静岡文化芸術大学学長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。