余ハ此處ニ居ル―家康公は久能にあり

個数:

余ハ此處ニ居ル―家康公は久能にあり

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月22日 13時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 192p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784783810940
  • NDC分類 175.954
  • Cコード C0021

内容説明

日光改葬はトリックだった―。四百年の時を経て解明される家康と久能山のミステリー。

目次

行くに行けない久能山
この世の極楽と久能山のロケーション
崇伝が記録した遺言
榊原照久への遺言
天海だけが聞いた「遺言」
起きていない揉めごと
史料『東照宮渡御記』
埋葬の方法
天海の歌
家康公は久能山にありと詠んだ家光公
追記―ベールをまとった久能山
特別対談『聖地久能山四百年の真実』

著者等紹介

興津諦[オキツアキラ]
昭和35年6月静岡市生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒。アンガーマネジメント・メンタルトレーニング、観光振興関連業務など、共感を得るためのコンテンツ開発を専門とする。平成6年大修館書店『言語』誌にて、時制や相に表れる認識の根本原理が無意識下に存在することを言語学史上初めて指摘する。平成26年『季刊すんぷ』を発行。アドマック株式会社代表。静岡商工会議所観光・飲食部会「余ハ此處ニ居ルプロジェクト」推進委員。日本認知科学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。