注解するもの、翻訳するもの

個数:

注解するもの、翻訳するもの

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年10月14日 23時36分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 157p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784783736219
  • NDC分類 911.5
  • Cコード C0092

内容説明

「現代詩手帖」に連載された「注解者」と「翻訳者」の対話。詩の在り処を問う、新たな共同制作の試み。

目次

夏の朝、関口涼子を読む
TRANS‐NOTATION1
TRANS‐NOTATION2
冬の多様な時間帯に関口涼子を読む
コノシロ伝説
「コノシロ伝説」コーダまたは岡井隆さんへの便り、さまざまな南から
TRANS‐NOTATION3
関口涼子さんへの、お答へ
TRANS‐NOTATION4
荒梅雨の日々に
伊太利亜 TRANS‐NOTATION5

出版社内容情報

「テキストでない」ものの注解、とは何か。「テキストがない」なら、何があるのか。
はるか太平洋の真ん中から持ち帰ってきたもののことが、片時も頭から離れなかったのだ。コノシロのこと。
コノシロ?
(「TRANS-NOTATION2」)

「わたしといふ歌人は、この問いかけから無限に遠いところで作品を書き続けて来た。(…)持続する書きもの。途切れることなく続くといふこと」(岡井隆)、
「わたしにとって、詩とは、そこで毎回新しく言語を、一つの生命体として、または、一つの領土として作り上げていく場所でした」(関口涼子)。
「注解者」と「翻訳者」による詩の対話。
装幀=中島浩

岡井隆[オカイタカシ]
著・文・その他

関口涼子[セキグチリョウコ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件