オウバアキル

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 96p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784783719571
  • NDC分類 911.56
  • Cコード C0092

内容説明

現実はこんなに過酷で残酷なのに、ぼくたちはなんでこんなに幸福なのだろう―。心の傷口から零れ落ちる痛みが、コトバの最涯で結晶化する。現代詩手帖賞詩人、鮮烈なる処女詩集。第42回現代詩手帖賞受賞。

目次

私を底辺として。
快晴の過程で
低空
新世界
ソナタ
冬のすみか
ケモノ道
八月十五日
パレードのあと
イマワノキワ〔ほか〕

著者等紹介

三角みづ紀[ミスミミズキ]
1981年、鹿児島県生まれ。現在、東京造形大学デザイン学科在学中。『オウバアキル』で、2004年、第42回現代詩手帖賞受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。