社会学への招待 (普及版)

社会学への招待 (普及版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 286p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784783511991
  • NDC分類 361
  • Cコード C1036

内容説明

日常生活に据えた視座から、社会学の成立根拠を掘りおこすという作業を基にして、人間学としての社会学の確立をめざす。入門書ながら研究者にとっても必読の書。新思索社のロングセラー本。

目次

第1章 個人的娯楽としての社会学
第2章 意識の一形態としての社会学
第3章 補論―態度変更と生活史
第4章 社会の中の人間
第5章 人間の中の社会
第6章 ドラマとしての社会
第7章 社会学的マキアヴェリズムと倫理
第8章 ヒューマニスティックな学問としての社会学

著者等紹介

水野節夫[ミズノセツオ]
1948年呉市生まれ。1972年東京大学文学部社会学科卒。東京大学大学院社会学専攻を経て、法政大学社会学部教授

村山研一[ムラヤマケンイチ]
1948年大阪市生まれ。1972年東京大学文学部社会学科卒。東京大学大学院社会学専攻を経て、信州大学人文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。