文庫ぎんが堂<br> プロ野球「悪党(ヒール)」読本―「組織の論理」に翻弄された男たちの物語

個数:
電子版価格 ¥723
  • 電書あり

文庫ぎんが堂
プロ野球「悪党(ヒール)」読本―「組織の論理」に翻弄された男たちの物語

  • ウェブストアに75冊在庫がございます。(2018年11月18日 21時02分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 297p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784781671758
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0175

内容説明

ドラフト取材歴30年、球界の表もウラも知り尽くした著者が描き出す、球界の「常識」をブチ壊した55人の猛者たち。

目次

第1章 日本人選手編(清原和博―なぜ「好青年」は「番長」に変貌したのか;江川卓―いわずと知れた「悪党」の代表格 ほか)
第2章 外国人選手編(W.デービス―打棒爆発も「上から目線」で大顰蹙;R.デービス―全国中継の試合で東尾修をぶん殴る ほか)
第3章 監督編(有藤通世―国民的悪役となった「ミスターロッテ」;濃人渉―「権藤、権藤、雨、権藤」でエースを破壊 ほか)
第4章 フロント、球界首脳編(渡邉恒雄―なぜ名記者は「球界のドン」に転じたのか;堤義明―財界の盟主はプロ野球に何を求めていたのか ほか)

著者等紹介

手束仁[テズカジン]
愛知県生まれ、1981年、國學院大學卒。スポーツジャーナリスト。『高校生新聞』特派記者などを務める一方、2012年、編集制作プロダクションとメディアミックスの株式会社ジャスト・プランニングを設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。