里山長屋をたのしむ―エコロジカルにシェアする暮らし

個数:
  • ポイントキャンペーン

里山長屋をたのしむ―エコロジカルにシェアする暮らし

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年09月23日 04時09分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 191p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784761525590
  • NDC分類 527.1
  • Cコード C0052

内容説明

ゆるやかにつながり、サステイナブルに暮らす。懐かしいけれど新しい、シェアする住まい。神奈川県・旧藤野町にある4軒の住宅と1軒のコモンハウス。4家族が地元の素材で、職人と一緒に手づくりした木の家。太陽、風、雨、木、土の力を愉しむ暮らし、ただいま実践中。

目次

1 日本の住宅はどうして暮らしにくいのだろう
2 みんなの家づくりのはじまり
3 家づくりを自分ごとにする
4 建物と環境と人間が働く家
5 つながりシェアする暮らし
6 コミュニティに開いた暮らし

著者等紹介

山田貴宏[ヤマダタカヒロ]
ビオフィルム環境デザイン室代表。1966年生まれ。早稲田大学建築学科都市環境工学専攻修了。清水建設勤務後、1999~2005年長谷川敬アトリエに勤務。2005年ビオフォルム環境デザイン室設立。国産材と自然素材を活用し、地産地消でかつ伝統的な木の家づくりを行う。NPO法人パーマカルチャー・センター・ジャパン理事、職人がつくる木の家・木の家ネット会員、東京の木で家を造る会賛助会員、日本大学生物資源科学部非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。