イースト新書<br> 安倍政権のメディア支配

個数:
電子版価格 ¥947
  • 電書あり

イースト新書
安倍政権のメディア支配

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月28日 19時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 239p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784781650531
  • NDC分類 312.1
  • Cコード C0230

出版社内容情報

古賀茂明独占告白!第一線のジャーナリストが見た「政権vs.マスメディア」の内幕!

内容説明

二〇一五年三月、テレビ朝日「報道ステーション」で、コメンテーターの古賀茂明が突然「官邸からの圧力で降板させられた」旨を激白。官邸側は「放送法に抵触する」と反発した。政府はその後もテレビ局の幹部を呼んで事情聴取をするなど、マスメディアに対する介入を強めているように見える。その裏側には、一九九〇年代から自民党が脈々と蓄積してきた「コミュニケーション戦略」があった。数々のニュース番組に携わった第一線のジャーナリストが当事者への取材でつかんだ政党による「メディア管理」の真実。

目次

緊急特別対談 古賀茂明×鈴木哲夫「“報ステ問題”で本当に伝えたかったこと」
第1章 なぜメディアは政権に「全面降伏」したのか
第2章 つくられた「安倍政権誕生」
第3章 政党と代理店に操られる選挙報道
第4章 政治ニュース「劇場化」の内幕
第5章 インターネット選挙と安倍政権のゆくえ

著者等紹介

鈴木哲夫[スズキテツオ]
1958年生まれ。早稲田大学法学部卒。ジャーナリスト。テレビ西日本報道部、フジテレビ報道センター政治部、日本BS放送報道局長などを経て、2013年6月からフリージャーナリストとして活動。20年以上にわたって永田町を取材し、与野党問わず豊富な人脈を持つ。テレビ、ラジオの報道番組でコメンテーターとしても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

星辺気楽

2
国民の血税を遣って最大限にメディアを支配し利用する。絶対、奴らを通してはならない。おそろしい国になる。2016/06/21

kk

0
"...「公平性」というものは、いまテレビ現場では現実的に「たんなる体裁程度のもの」としてしか具現化されていないのだ。理由をあれこれつけているものの、突きつめれば、大した「公平性」にはなっていないのである"(55p) その意味で、本書は「公平性」の担保を目指すというよりは、関係者のインタビューや証言(しかもその大部分が匿名)をもっぱら筆者のプロットを強化するために利用している印象だ。我々メディアの消費者は、メディアの「公平性」の幻想などはさっさと捨てて、各自なりにリテラシーを鍛えるしかないのかもしれない。2016/11/17

Akihiko Kimura

0
本の内容とは少しずれるが、安倍政権のメディアに対する注文に危機感を感じている。かつての暗黒の時代の始まりも、そうした動きがあったのだと思う。メディアも私たちも、「物言えば唇寒し」の時代にならないよう、政府をしっかり監視していかなければいけないと思う。2015/10/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9760866

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。