天皇にとって退位とは何か

個数:

天皇にとって退位とは何か

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784781615066
  • NDC分類 288.41
  • Cコード C0030

出版社内容情報

「生前退位」で、いったい何が起こるのか?皇室と日本の未来を考える上で必読の書!

内容説明

「お気持ち」の核心はどこにあるのか、そして、日本人にとって天皇とは何か、テレビで人気の歴史学者が徹底分析。皇室と日本の未来を考える上で必読の書!

目次

第1章 なぜ、天皇は「生前退位」を決意したのか(あまりにも多忙すぎる現代の天皇陛下;「国民の総意」に訴えるお気持ち表明 ほか)
第2章 天皇にとって「退位」とは何か(じつは終身天皇のほうがめずらしかった;初めて「生前退位」した男性天皇が抱えた事情 ほか)
第3章 天皇にとって「お務め」とは何か(みずから鷹狩りを行った古代の大王;古代の大王の「権威の源泉」とは ほか)
第4章 日本人にとって「天皇」とは何か(天皇が持つ「権力」と「権威」;天皇が庶民から忘れ去られた時代 ほか)
第5章 天皇と日本人にとって「万世一系」とは何か(「万世一系」と「日本人」であることの意味;「最大のピンチ」をどう乗り越えたか ほか)
巻末付録

著者等紹介

本郷和人[ホンゴウカズト]
1960年東京生まれ。東京大学史料編纂所教授。文学博士。東京大学、同大学院で石井進氏、五味文彦氏に日本中世史を学ぶ。中世政治史、古文書学専攻。『大日本史料』の編纂に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

謙信公

12
なぜ、天皇(現上皇陛下)は「生前退位」を決意したのか?天皇にとって「退位」とは?お言葉からのお心の推察、歴代天皇の生前退位の事例、天皇の地位、権威の変遷や政治との関係、万世一系が保たれた経緯などから考察する。天皇にとって大きな問題は、退位そのものではなく誰を後継者にするかである。天皇の判断基準は先例主義にあり、天皇は伝統を尊重し男性にすべきだ。日本人であることを誇りに思う時、他の国にはない「天皇」を引き合いに出したい部分がある。男尊女卑は論外だが、国民全体でよくよく考えていきましょう、と問題を投げかける。2021/08/16

桑畑みの吉

5
2021年4月、内親王の結婚ゴタゴタ問題が連日報道され、皇室の存在意義もが問われる状況になってきている。本書は天皇の生前退位が話題になっていた2017年1月に書かれたものである。生前退位に関する話題がメインであるが、広く天皇制の歴史やあり方について神聖視するでもなく、ディスるでもなく、なるべくニュートラルに分かり易く説明している。一読する価値はあると思うが、大きな活字で、図表や巻末資料(殆どが公的機関からの引用)を除いた本文は約140ページとなっている。単行本なのでコスパはあまり良くないかな。 2021/01/31

ATSU

1
まずビックリしたのが資料の多さ。174ページから221までが巻末付録。歴史学者があまり言いたくない(?)天皇の退位について歴史を振り返りながら解説。中学生・高校生にもわかるようにと仮名をふるなどして,「国民全体でよくよく考えていきましょう。」と締めくくっています。2018/03/17

Ise Tsuyoshi

1
天皇の退位問題について考えるための歴史学者からの材料提供。実在が確認されている天皇のほとんどは生前に退位しており、現在のような「終身天皇」のほうが珍しい存在▽近世以前の庶民は天皇という存在をほとんど知らなかったということなど、今の天皇のイメージが幕末〜明治に作りあげられたものであることがよく分かる。退位した天皇の退位に至る経過や背景の一覧表など、掲載されている資料も興味深い。ただ、本文はやや内容が重複しているところが多く、基礎知識が既にある人には、少し物足りないかも。2017/01/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11301033

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。