“本の泉社”転換期から学ぶ歴史書シリーズ
日清戦争論―日本近代を考える足場

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 268p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784780719680
  • NDC分類 210.65
  • Cコード C0021

内容説明

歴史は司馬遼太郎では語れない近代日本が踏み込んだ日清戦争(1894年)からの50年戦争。知ることが認識になる。

目次

1 日本の戦争とは何だったのか(日本国民にとっての日清戦争;「明治一五〇年」と日本の戦争;「明治」期の三つの戦争は何をもたらしたか;『坂の上の雲』と日本近現代史)
2 戦争に向きあう日本社会(国権派の日清戦争―『九州日日新聞』を中心に;日本国民の参戦熱;戦争を伝えた人びと―日清戦争と錦絵をめぐって;軍隊と日清戦争の風景―文学と歴史学の接点;戦争を受け入れる社会はどのように創られたのか;軍夫の日清戦争)
3 日清戦後の日本社会(「嘗胆臥薪」論と日清戦後社会;武士道はなぜ生き残ったのか―日本における近代軍隊の成立をめぐって;東アジアの近代と韓国併合)
エピローグ―“明治一五〇年”と日本の敗戦

著者等紹介

原田敬一[ハラダケイイチ]
1948年岡山市生まれ、大阪大学文学部卒業、大阪大学大学院文学研究科(博士課程)修了、博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。