ドイツ人学者から見た日本国憲法―憲法と集団安全保障‐戦争廃絶に向けた日本の動議

個数:

ドイツ人学者から見た日本国憲法―憲法と集団安全保障‐戦争廃絶に向けた日本の動議

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 182p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784780711431
  • NDC分類 323.14

内容説明

国際的平和ネットワークとしての集団安全保障の構想はいかにして実現され得るか、この目的達成のためには、憲法上欠くことのできない先行条件を含めて、歴史や法律に基づくものは何か。本書は国家憲法における「秩序と正義に基づく国際平和」の基礎に関する規定の、その歴史と継続的な重要性を研究したものである。

目次

第1章 第九条
第2章 集団安全保障と憲法上の戦争放棄
第3章 朝鮮戦争、集団安全保障の最初の機会か?
第4章 相互依存の原則
第5章 国際連合集団安全保障―軍国主義排除と武装解除‐東京裁判
第6章 集団安全保障の侵食…最終段階
第7章 イラク
第8章 国家的責任、怠慢と共犯:国際法違反
第9章 可能でも望ましくもないのか?
結論

著者紹介

シルヒトマン,クラウス[シルヒトマン,クラウス] [Schlichtmann,Klaus]
1944年ドイツ、ハンブルク‐エッペンドルフに生まれる。1964~66年インド、ベナーレスのサンスクリプト大学にてドイツ語講師。インド、チベット、東アジア芸術、文学、哲学、宗教に従事、仏教とアジアの歴史を研究。1977~81年ハンブルクの“平和政治研究協会”役員、1980年より、世界連邦主義者世界協会(WAWF)のドイツ支部の委員長、国内外の多数の会議やシンポジウムに参加(1977年ジュネーブの国際連合、1987年ニューヨークにおける軍備縮小と発展に関する国際連合の会議に参加)。1985~90年キール大学にて中世、近代史(アジアの歴史を重点に)を専攻

渡辺寛爾[ワタナベカンジ]
1954年、愛媛県生まれ。1980年、明治大学法学部法律学科(法制研究所)卒業。渡辺塾・サーマルアカデミー主催。日本マイクロライト航空連盟・指導員。記事・小論類の翻訳多数

倉崎星[クラサキセイ]
第二次大戦終結時小学生。高校英語教諭約十年、うちUCLA留学一年。インターナショナル・スクール日本語教師十年。国際会議資料及び様々な分野の翻訳多数。月刊誌、季刊誌などへの訳文、記事などの掲載あり(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)