コツがわかる本 STEP UP!ジュニアシリーズ<br> 部活でスキルアップ!放送部活躍のポイント (増補改訂版)

個数:
電子版価格 ¥1,815
  • 電書あり

コツがわかる本 STEP UP!ジュニアシリーズ
部活でスキルアップ!放送部活躍のポイント (増補改訂版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月27日 02時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 128p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784780427745
  • NDC分類 699
  • Cコード C2074

出版社内容情報

★  大会審査や講習会で活躍する指導者が
  「放送部」のコツを徹底解説!

★ アナウンス、朗読、ドキュメント、
  創作ドラマの各部門に役立つ!

★ 大会本番に向けた練習法や、
  作品制作の秘訣がよくわかる!

 *部門に応じた発生や表現方法
 *よい取材に必要な心構えとスキル
 *撮影機材の正しい使い方や&魅せるテクニック


◇◆◇ 監修者からのコメント ◇◆◇

番組を企画し台本を書く放送作家の立場から、
若い人たちがつくる番組や脚本の審査、
あるいは指導を重ねてきた経験から、
本書を監修させていただきました。

番組づくりはチームワークなので、
お互いの仕事内容をよく理解しなければなりません。

本書では出演・構成・演出・制作と番組づくりを
基礎からしっかり学び、創作が楽しめる内容に
なっています。
ぜひ、読みこなし、使いこなしてください。

近年の技術革新により、誰もが気軽にスマホ一台でも
番組を収録・編集し、ネットに乗せて世界中に
発信できる時代になりました。
部活でつくる番組も、既成概念にとらわれない
斬新なアイデアが集結すれば、
プロの放送人が考えもつかない表現が
どんどん生まれてくると、
大いに期待しています。

しかし、番組づくりの基本は昔も今も変わりません。
技術革新ばかり追いかけても、
また表面的な面白さを追っても、
「何を伝えたいか」がぶれてしまっては
受け手の魂を揺さぶりません。
つくり続け、悩み続け、諦めない姿勢の先に
正解があると思います。

さらだたまこ


◇◆◇ 主な目次 ◇◆◇

☆1章 基礎力をアップさせよう

☆2章 さらにステップアップを目指して

☆3章 さらにステップアップを目指して

☆4章 情報リテラシーとメディアリテラシー


※本書は2019年発行
の『部活でスキルアップ! 放送 活躍のポイント50』
を元に、新しい内容の追加と必要な情報の確認・更新、
書名の変更を行い、「増補改訂版」として
新たに発行したものです。

内容説明

アナウンス、朗読、ドキュメント、創作ドラマの各部門に役立つ!大会本番に向けた練習法や、作品制作の秘訣がよくわかる!

目次

1章 基礎力をアップさせよう(基礎力を高めるための練習メニューを組もう;効果的な発声練習をしよう ほか)
2章 さらにステップアップを目指して―朗読・アナウンス編(朗読・アナウンス共通;朗読 ほか)
3章 さらにステップアップを目指して―テレビ・ラジオ/ドキュメント・創作ドラマ編(テレビ・ラジオ ドキュメント/創作ドラマ制作共通;テレビ・ラジオ ドキュメント ほか)
4章 情報リテラシーとメディアリテラシー(情報リテラシーを持とう;メディアリテラシーを持とう)

著者等紹介

さらだたまこ[サラダタマコ]
放送作家。1959年生まれ。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業。大学在学中より、渋谷「アナウンス学園」にて元NHKアナウンサー、故・藤倉修一氏に師事し、また、青山「シナリオセンター」、六本木「放送作家教室」にて脚本を学ぶ。大学在学中に、NHK第一放送『午後のロータリー』でパーソナリティー、ニッポン放送『夜のドラマハウス』で脚本家デビュー。大学卒業後は放送作家として、また劇作家、エッセイストとして活動。2015年より、市川森一・藤本義一記念 東京作家大学学長に就任。NHK杯全国高校放送コンテスト全国大会決勝審査員は2013年(第60回)より毎年務めている。ほかに、ギャラクシー賞、民間放送連盟賞など審査員を歴任。一般社団法人日本放送作家協会前理事長、日本ペンクラブ会員、日本脚本家連盟会員、放送批評懇談会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。