復帰50年沖縄子ども白書〈2022〉

個数:

復帰50年沖縄子ども白書〈2022〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月20日 21時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 312p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784780312225
  • NDC分類 367.6
  • Cコード C0036

目次

写真で見る復帰前・復帰後
巻頭言 希望と宣言の書―ジェンダーと暴力の絡み合う現場から
1部 50年の検証
2部 子どもの生きる現場から
3部 未来への提言―沖縄の子どもたちに今こそ権利保障を―子どもの今とこれからを支えるのはおとな・社会の責務
沖縄子ども関係年表1945‐2022

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

二人娘の父

8
2015年に沖縄県が発表した「子どもの貧困率約30%」が小さくない衝撃を与えた。以来、沖縄を語る上で欠かせない要素として、「子どもたちの置かれている実態」が示される。貧困をきっかけに若年出産や虐待、DVなど、沖縄の子どもたちに強いられているあまりにも過酷な状況についての「事実」が、本書の執筆者らの努力によって、少しずつ明らかになりつつある。この課題の解決は容易ではないことを共通認識としつつ、一人一人の小さいけれども貴重な努力の積み重ねが、今日も続けられている。心からの敬意と私が為すべきことを心に刻みたい。2022/12/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19584264
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。