日英対照 広島に聞く 広島を聞く

個数:
  • ポイントキャンペーン

日英対照 広島に聞く 広島を聞く

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 249p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784780304176
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C0036

目次

1 昭和天皇と日本(日本人)の戦争責任(中沢啓治「ゲンは怒っている」;秋信利彦「きのこ会と原爆投下質問」;李実根「差別ではなく共生を」)
2 占領下の広島における平和運動(大村英幸「被爆・占領下の広島を語り残す」)
3 広島の原水爆禁止運動(北西允「第9回原水禁世界大会を回顧する」;横原由紀夫「広島原水禁活動40年をふり返る」;佐藤光雄「反核平和運動に生きて」)
4 被爆者と広島県原爆被害者団体協議会(渡辺力人「原爆症認定訴訟の画期的意義と残された問題」;鎌田七男「被爆者は私の教育者」;坪井直「被団協50年―回顧と展望」;金子一士―「もう一つの被団協」)
5 ヒロシマと平和(丸屋博「詩人・御庄博実と医師・丸屋博」;那須正幹「児童文学作家・那須正幹氏の目線における広島」;山下三郎「前・廿日市市長 平和と岩国を語る」;平岡敬「言行一致こそヒロシマの心」;舟橋喜惠「広島は疲れている」)

著者等紹介

浅井基文[アサイモトフミ]
1941年生まれ。広島市立大学広島平和研究所所長(2005年4月~2011年3月)。1963年に東京大学法学部を中退し、外務省に入省。条約局国際協定課長、アジア局中国課長、駐英公使などを歴任。外務省退職後、日本大学法学部、明治学院大学国際学部で教授を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。