核兵器撤廃への道 (増補改訂版)

個数:

核兵器撤廃への道 (増補改訂版)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 213p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784780303391
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C0036

目次

第1章 広島と長崎の記憶―核時代の幕開けを考える
第2章 世界はなぜ核兵器撤廃に失敗したか―人びとは核兵器の異常に気づいていた
第3章 核抑止論を批判する―核兵器は戦争を防止するか
第4章 核兵器撤廃への新しい機会―冷戦は終わったが核兵器はなくならない。何をなすべきか
第5章 非核兵器地帯の設立―「核兵器のない世界」へのもうひとつの条件
第6章 核兵器撤廃の諸条件―核兵器の政治的価値と軍事的効用を低くする
第7章 弾道ミサイル防衛の迷妄―何のためのミサイル防衛か
第8章 「核兵器のない世界」の維持―核兵器をつくる知識と技術はなくならない
補章 安全保障と軍縮―国家の安全保障に軍事力は不可欠か

著者等紹介

杉江栄一[スギエエイイチ]
1928年12月18日、東京都生まれ。同志社大学大学院法学研究科修了、三重短期大学講師・助教授をへて、中京大学法学部教授。日本科学者会議幹事、「日本の科学者」編集長、日本平和学会理事などを歴任。国際政治学、軍縮問題。現中京大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。