これだけは伝えておきたいビキニ事件の表と裏―第五福竜丸・乗組員が語る

個数:

これだけは伝えておきたいビキニ事件の表と裏―第五福竜丸・乗組員が語る

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 167p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784780300956
  • NDC分類 916
  • Cコード C0036

内容説明

一九五四年三月一日未明、著者は中部太平洋のビキニ環礁近海でのマグロ漁の途上、アメリカの強大な水爆実験に遭遇した。本書は、ビキニ水爆被災事件についての最も重要な証言者が、渾身の筆力を込めて執筆した熱い語りかけである。

目次

1 最後の航海(マグロ船・第五福竜丸;人生を変えた航路 ほか)
2 ビキニ事件の裏側(極秘文書が語る;汚染マグロの検査中止と政治決着 ほか)
3 命の岐路で(ガンとの戦い;被爆者の涙 ほか)
4 誰かが伝えなければ(「マグロ塚」;第五福竜丸の模型をつくる ほか)

著者等紹介

大石又七[オオイシマタシチ]
1934年(昭和9)年、静岡県榛原郡吉田町に生まれる。48年から漁師、第五福竜丸の甲板員・冷凍士として被爆。入院生活後、東京でクリーニング店を営む。83年ごろより被爆体験を語り、核廃絶を訴える活動をすすめる。築地にマグロ塚を作る会主宰。(財)第五福竜丸平和協会評議員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。