グローバル化に対応した新教職論―児童生徒にふさわしい教師・学校とは

個数:

グローバル化に対応した新教職論―児童生徒にふさわしい教師・学校とは

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月18日 06時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 252p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784779515446
  • NDC分類 374.3
  • Cコード C3037

内容説明

新学習指導要領導入に対応した教職科目「教職論」の新しいテキスト。英語科・道徳科・生徒指導など対応の難しいテーマを個別に解説。求められる「人間力」「授業力」「学校力」を具体的に検討。臨床教育学や先哲の教育論から得られた役立つ知見を幅広く紹介。これからの時代に適応した優れた教師になるための必読書。

目次

新学習指導要領の理念と改訂の方向性
これからの教科等指導に求められるもの(1)―PISA調査結果から
これからの教科等指導に求められるもの(2)―外国語(英語科)教育の理論と実践から
これからの教科等指導に求められるもの(3)―技術科教育の理論と実践から
これからの教科等指導に求められるもの(4)―「特別の教科道徳」(道徳科)教育の理論と実践から
これからの教科等指導に求められるもの(5)―特別活動の理論と実践から
これからの教科等指導に求められるもの(6)―総合的な学習の時間の理論と実践から
これからの特別支援教育に求められるもの
これからの生徒指導に求められるもの
求められる「人間力」
求められる「授業力」
求められる「学校力」
シュタイナー教育に学ぶ―インクルーシブ教育の可能性
臨床教育学に学ぶ
先哲の教育論に学ぶ―体罰や虐待はなぜなくならないのか
新島襄の「良心教育」に学ぶ
安田リヨウの「柔しく剛く」に学ぶ

著者等紹介

竹田敏彦[タケダトシヒコ]
同志社大学法学部法律学科卒業(法学士)、兵庫教育大学大学院学校教育研究科(生徒指導コース)修士課程修了(教育学修士)、広島大学大学院文学研究科人文学専攻(思想文化学・倫理学分野)博士課程後期修了(博士(文学))/広島県公立中学校教諭、広島大学附属三原中学校教諭、広島県立教育センター指導主事・企画部長・副校長、広島県教育委員会事務局教育事務所所長、広島県公立中学校校長、広島大学附属学校再編計画室室長、尾道市立大学非常勤講師、広島大学大学院教育学研究科非常勤講師、広島国際大学心理科学部教授・教職主任、安田女子大学教職センター教授、安田女子大学心理学部現代心理学科教授(現職)/日本道徳性発達実践学会常任理事、SAME(学校と道徳教育)研究会代表、日本道徳教育方法学会会員、日本倫理学会会員、日本教材学会会員、日本教師教育学会会員

衛藤吉則[エトウヨシノリ]
広島大学大学院人間社会科学研究科人文社会科学専攻、教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。