フランスの生命倫理法―生殖医療の用いられ方

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 211p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784779509612
  • NDC分類 490.15
  • Cコード C1012

内容説明

生命倫理についての包括的な規則を法律で定める「フランス方式」は有効なのか。生殖医療の市場化が進むなか、その実態を明らかにし、今後の展望をうらなう。

目次

第1章 はじめに
第2章 利用者の要件
第3章 利用者の要件が定められた理由
第4章 フランスの規制の特徴
第5章 「子を持つことへの欲望」
第6章 配偶子・受精卵提供と「親になる資格」
第7章 他者のための妊娠
第8章 代理出産ツーリズムとトビラ通達
終章 結論

著者等紹介

小門穂[コカドミノリ]
1977年生まれ。大阪教育大学卒業、京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程修了。博士(人間・環境学)。株式会社科学技術文明研究所、立命館大学生存学研究センターなどを経て、大阪大学大学院医学系研究科医の倫理と公共政策学特任助教。専攻は生命倫理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆき

7
宗教が絡むなー・・ローマ法王がのたまったことが結構響いているな。卵子提供について同性愛者達への規制が宗教からむのねえ。まあ、同性愛者が認められるだけでも大分進んだけど、やっぱり根底には「男女」でなければいけないってのがありますね。オーストラリアのようにもっと俯瞰で考えられるといいね。2015/09/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9722604

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。