リベラル優生主義と正義

  • ポイントキャンペーン

リベラル優生主義と正義

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 260p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784779500916
  • NDC分類 498.2
  • Cコード C3032

内容説明

遺伝子テクノロジーと人間の福利追求の功罪を歴史・理論・倫理の視点から問う。

目次

序章 リベラル優生主義の原理
第1章 優生主義の由来
第2章 二〇世紀における改革派優生主義―J・B・S・ホールデーンとハーマン・J・マラー
第3章 リベラル優生主義の倫理的正当化
第4章 リベラル優生主義への反論と応答
終章 リベラル優生主義のゆくえ―福音か災厄か

著者等紹介

桜井徹[サクライテツ]
1960年東京都に生まれる。1985年金沢大学法学部卒業。1990年一橋大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。神戸大学国際文化学部助教授(法哲学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。