グローバル時代の宗教と情報―文明の祖型と宗教

個数:

グローバル時代の宗教と情報―文明の祖型と宗教

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 212p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784779305887
  • NDC分類 161.3
  • Cコード C3014

目次

序 グローバル時代の宗教と情報
第1部 宗教とは何か(宗教と文明;キリスト教とは何か;イスラム教とは何か;ヒンドゥー教とは何か;仏教とは何か;儒教という宗教;日本と宗教)
第2部 トピックス―現代の宗教問題(文明の祖型としての宗教―宗教と文明と情報;民族・民族主義、国民国家、グローバリズム;宗教民族主義の時代と危機管理;イスラム台頭の時代とは;近代文明と近代資本主義経済;インド哲学と経済学の出会い;仏教政治思想とその現れ;インド思想における可能性を巡って;中華思想と孫悟空―中国の暴走は制御可能か?;文明論から見た天皇制)

著者等紹介

保坂俊司[ホサカシュンジ]
1956年群馬県渋川市出身。早稲田大学大学院文学研究科修了。現在、中央大学大学院教授。筑波大学大学院非常勤講師。(公)財団法人中村元東方研究所理事。中国社会科学院研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

複雑かつ深刻な宗教問題が内在する海外の地域へとビジネスや観光で訪れる機会の増えたグローバル化社会において、自らの生命の危機管理として宗教情報の正確な処理とその活用の重要性を説いた。

保坂俊司[ホサカシュンジ]
著・文・その他